バイト 短期

監視員は命を預かっている仕事

海やプールでのアルバイトの中では、監視員が人気です。

 

夏場には募集も急増しますし、夏らしいアルバイトなのではないでしょうか。

 

監視員は監視台で海やプールの安全を確認する仕事で、特に何かが起きない限りは座っているだけですが、暑い中、屋外での監視となるため想像しているよりも大変な仕事なのです。

 

日焼け止めクリームを使用していても焼けてしまうので、肌を焼きたく無い方にはオススメできません。

 

監視台にも日よけがついていますし、帽子の着用を勧められるので直射日光は浴びないかもしれませんが、それでも日射病や熱中症にかかる監視員も少なくはありません。

 

休憩時間は1時間ごとにとることもできますが、慣れない内は疲労がたまってしまいますし、暑さに強くなければそういったトラブルも起こる可能性があります。

 

また、監視員は人命を預かっている仕事でもあります。

 

溺れている人がいたら助けにいかなければなりませんし、対応が遅れて人が亡くなってしまう、ということもあるかもしれません。

 

海ですとそのリスクも上がります。

 

反対に、助けに行った監視員が亡くなってしまうという事例もあるようですね。

まじめに取り組むことが大切

人命が失われてしまうのは最悪のケースですが、無いとは言い切れないトラブルなのです。

 

万が一のことが起これば、冷静な対応力や知識、忍耐力などが必要となるのが、海やプールに関するアルバイトなのです。

 

自分がやらなければ、という責任感を持って仕事をすればトラブルも未然に防ぐことができますし、まじめに取り組むことが大切です。

 

 熱中症とは

 

熱中症は日射病、熱射病など様々な病態が含まれる

 

高温環境の元で労働や運動をしている時に体内に熱がたまり、温熱中枢が障害され、体温調節機能が破たんし、体温が異常に上昇し、肝臓、腎臓、中枢神経などの障害を起こす病気です。

 

もし熱中症にかかってしまったら

1・頭部、頚部、後頭部を冷却する

 

2・風通しの良い涼しい場所で足を高くして安静にする

 

3・スポーツドリンクなどを飲む

 

4・意識が朦朧としている時はすぐに救急車を呼びましょう